抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:5作品

  • 橙木家で毒殺事件が発生! どこか「Yの悲劇」を思わせる一連の事件の真相とは!? ある人物が発するたった1文が一瞬であなたの世界観を一変させる! 2度驚くどんでん返しの先に待っているのは悲しい誤解… あなたが見破るのは 叙述トリックか! それとも 真相か!?

    シリーズなし

    連載中

    全2話

    全3256文字

    0pt

    2019.11.09公開

    2019.11.16更新

  •  世界大戦中の1917年、欧州の西部戦線に、念武界という仮想空間から大量の武闘家姿の者たちが現れ、超能力じみた格闘技、超念武で戦いを収める。世界には平和が訪れ、国際連盟が発足。武闘家姿の者たちは神人と呼ばれ、その長は連盟の顧問に就いた。  1935年の京都、緒形正治とその妻、雪枝は中国拳法の道場を営んでいたが、正治は何者かよって殺害される。その捜索で息子の蓮と神人の子供のアキナとクウガが出会う。

    シリーズなし

    連載中

    全4話

    全13742文字

    0pt

    2019.11.09公開

    2019.11.09更新

  • ある日、空から蔦が伸びてきた。砂漠だけになった世界で、人々はそれを水資源だと悦び、水をすすった。そこに生きるある男装の少女は、遠く離れたオアシスで水を汲んでくるという仕事を自主的に行っていた。 少女が水を汲もうとしたとき、空から少女の身長ほどもある大きさの青い花の蕾が落ちてきた。その壊れた蕾の下から、青い髪に橙色の目をした白肌の子供が現れた。子供が語るはこの世界の終末――

  • <緋なる湖畔>と呼ばれる地があった。その地は黄昏であった。天空を染め上げる紅と橙。不可思議なその地には、誰も立ち入ることはできなかった。そして忘我の結界。<緋なる湖畔>に近づく者は全て記憶を失ってしまう。なぜそのような力ある壁があるのか。なぜ黄昏が続くのか。人々の疑問は答えがもたらされることはなかった。そして、人々にはもう一つの力があった。<秘蹟>と呼ばれる力が。

    連載中

    全10話

    全27207文字

    0pt

    2019.04.29公開

    2019.04.29更新

  • 《橙色に眉間を塗れば自ずと視えない陽が昇る》 《「わたがし」「わたあめ」「わたがし」「わたあめ」わりばしわが手に握りしめ》 《溶けたところに砂糖を混ぜれば自家撞着の加塩バター》 (「矛盾するバター」より) 都都逸集。

    完結

    全4話

    全2449文字

    1pt

    2018.12.25公開

    2018.12.25更新

Loading...