抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:151作品

  •  死に切れない宿命を持つという一族の少年、舜と、その父親だという青年、黄帝。  中国の山奥、雲海を臨む最峰の頂で黄帝と暮らしていた舜は、やっとのことで、街へ降りる許しをもらい、勢い込んで上海へと向かう。  しかし、そこへ現れたのは、炎帝と貴妃という、『同族』の二人であった。   凄まじい炎と、闇の衣を纏う二人に襲われ、舜は《聚首歓宴の盃》と、《朱珠の実》の秘密を渡すように迫られる……

    シリーズなし

    連載中

    全310話

    全509573文字

    10pt

    2019.06.14公開

    2020.02.20更新

  • このお話は、現在公開中の本編「真国記」の番外編です。 幼少期のマサと祖父シュンのお話。 *6話完結。 *短編です。

    シリーズなし

    連載中

    全6話

    全10264文字

    0pt

    2020.02.12公開

    2020.02.20更新

  • 女の恋は上書き。 誰かがそう言った。 でも、私には上書きされるものがない。 誰もに忘れ去られ、自分自身ですら意味を見出せない人生。 誰にも聞かれない悲哀、喪失感。 そんな自分を棄てるため、私はこの駅に来た。 死ぬ? まさか。そんなのじゃない。 大勢の人たちの中で見失ってしまった私を見つけに。 Copyright©2018-Youka Izumieshi(泉絵師遙夏)

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全4283文字

    0pt

    2020.02.20公開

    2020.02.20更新

  • ある朝、起きたら「ひまわり」に思考が占拠されていた。 しかもその「ひまわり」は、私の思考にとどまらず、天使の環のごとく頭上にぐるぐると回ってしまうことに。 天使の環のごとく「ひまわり」の環をひけらかしながら外になんていけないよ。 でも、仕事があるから、えーい! ままよ! Copyright©2019-Youka Izumieshi(泉絵師 遙夏) All rights reserved.

    シリーズなし

    完結

    全2話

    全11792文字

    0pt

    2020.02.20公開

    2020.02.20更新

  • 砂漠の中の豊かなオアシス国家に双子の王子様がいた。 片方は伝説の初代国王と同じ蒼い髪をしているが、勉強も武芸も苦手で、子守をしていた女兵士にべったりくっついている。 もう片方は文武両道、頭脳明晰にして明朗闊達、貴族の仲間たちの人望も厚く、将来を有望視されていた。 王になれるのは一人だけ。双子は王位を巡って対立する。 のちにアルヤ王国最盛期の王となる少年と彼を取り巻く若者たちの群像劇。

    シリーズなし

    連載中

    全162話

    全565664文字

    103pt

    2019.09.01公開

    2020.02.20更新

  • たまたま、ただなんとなく立ち寄ったカフェ。 売れないフリーの写真家である私の迷い。 自分のしていることは正しいのかどうか…… その空虚な思いを埋めようと、店主が語ってくれた物語。 Copyright©2019 Youka Izumieshi(泉絵師遙夏) All rights reserved.

    シリーズなし

    完結

    全2話

    全6042文字

    1pt

    2020.02.19公開

    2020.02.19更新

  • 修学旅行の夜、基松綾音と糸井圭子はとある怪談を聞いた。 それは、二人の通う高校の旧校舎の古時計にまつわるものだった。 好奇心旺盛な圭子に強引に誘われ、綾音はその怪談の真偽を確かめることになるが…… Copyright©2019-Youka Izumieshi (泉絵師 遙夏) All rights reserved.

    シリーズなし

    完結

    全15話

    全102110文字

    0pt

    2020.02.18公開

    2020.02.19更新

  • 今日は彼との久しぶりのデート。 珍しく彼の方から誘ってくれて、嬉しさのあまりに服まで新調した。 何か渡したい物があるって言ってたけど、どうせ変なものに決まってる。 でも、そんなことなんてどうでもいいんだ。 それにしても遅い。遅すぎる。いつまで待たせるのよ。 え? 嘘でしょ? そんな…… 日常が非日常に変わるとき。 忘れものは何? 本当に伝えたいこと、伝えられていますか?

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全7612文字

    1pt

    2020.02.17公開

    2020.02.17更新

  • ある日、私は旅に出た。 夜行列車とバスを乗り継いでたどり着いた海辺のひなびた港町。 私がなぜここへ来たのか。なぜこの日なのか。 そう、私が来たのは…… 喪われた記憶、果たされえなかった約束を果たしに…… Copyright©2018-Youka Izumieshi(泉絵師遙夏) All rights reserved.

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全10232文字

    0pt

    2020.02.17公開

    2020.02.17更新

  • にぶちん主人公に、振り回されながらも友情を築いていく二人。 夏休みはトマト畑と青春に彩られた。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全3746文字

    2pt

    2020.02.13公開

    2020.02.13更新

  • 病弱な女子高生の主人公は、隣に住むおじさんにひそかに恋をしていた……そんな主人公とおじさんの淡い恋の短い物語。 Twitter:@omokaki20

  • 【逆転オセロニア二次創作】 名取イクトは中学最後の夏休みに逆転オセロニアの世界を体感する。

    シリーズなし

    連載中

    全5話

    全20853文字

    2pt

    2019.12.31公開

    2020.02.08更新

  •  高校2年生の竜胆 疾風(りんどう はやて)は療養のため、夏休みのあいだ森のなかの村で過ごすことになった。  そこで出会ったのは、不思議な能力を持つ銀髪の少女。  世間知らずで子どもっぽい少女の言動に、振り回される疾風。  だが、少女の置かれた状況がわかってくるにつれ、彼女の力になってあげたいと思うようになっていく——。  夏休み、森のなかの村を舞台とした、青春小説。

    シリーズなし

    連載中

    全49話

    全164655文字

    2pt

    2019.02.26公開

    2020.01.27更新

  • 夏になると思い出す。 セミの声、知らない町、そして、母さんに連れられて行った喫茶店の、クリームソーダの味を。 あの夏の日の出来事が、今も私の胸を締め付ける。

    シリーズなし

    完結

    全2話

    全5311文字

    2pt

    2020.01.23公開

    2020.01.26更新

  • 夏のはじまりって、なんだかウキウキしますよね。 だけど、心の重さにそんなワクワクを押しつぶされつつ日々を過ごしたこともあったように思います。 皆さんはどうですか? 人の心はほんの少しのきっかけで、ポジティブになったりネガティブになったりします。 この作品は、憂鬱に悩まされる女の子の、とある朝のお話です。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全3799文字

    0pt

    2020.01.26公開

    2020.01.26更新

  • 君は、僕を友達だと思ってた? もしかしたら、弟みたいに? 答えを聞けないまま、僕らは大人になった。 それでいいとすら思ってた。 気怠い週末の午後、一本の電話が入った。 それが、君からの最後の電話になった。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全3852文字

    2pt

    2020.01.21公開

    2020.01.21更新

  • コウタのお母さんは毎日工場に勤めている。夏休みコウタは同級生から草狩りを手伝ってくれないかと頼まれる。コウタは初めてのアルバイトで得たお金を迷った末、母さんに渡すことにした・・・が母さんの反応は思いがけないものだった・・・

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全2131文字

    0pt

    2020.01.14公開

    2020.01.14更新

  • 夏休みの自由研究課題として、タカキが選んだのは〝あまのじゃく〟。 庭に迷い込んだのを観察し、エサのやり方から散歩の仕方と、立派な自由研究ができあがった。 そんなタカキにあまのじゃくブリーダーのヒロが興味をしめし……?

    シリーズなし

    完結

    全6話

    全9581文字

    2pt

    2020.01.10公開

    2020.01.10更新

  • 登下校に使ういつもの道。そこに架かる歩道橋には奇妙な噂が存在した。 暑い夏の日の、少し不思議な出来事。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1118文字

    1pt

    2019.12.31公開

    2019.12.31更新

  • 甲斐武田、滅亡。 遺臣達はそれぞれに身の置き所を捜し、真田家は織田に従属する道を選んだ。 織田家家臣・滝川一益主催の茶会に招かれた真田昌幸とその嫡男・源三郎は、その席での振る舞いから滝川家の面々に気に入られる。 特に源三郎を気に入ったのが、前田宗兵衛利貞、通称・慶次郎であった。 ――これは、真田信幸による「慌ただしき十六歳の夏」の回述である。

    完結

    全41話

    全124247文字

    7pt

    2019.02.27公開

    2019.12.29更新

Loading...