抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:9作品

  •  とある村の民宿で心霊現象、ポルターガイストが起きる。その解決に訪れた霊能者、藤堂院幻杖、なぜかその民宿に居合わせた、彼の上司である少女、鷺ノ宮鈴白はそ除霊現場で「その儀式では除霊できない」と言ってくる民宿の客と遭遇する。  彼の名は倉谷尽。「霊能者喰い」と呼ばれる、霊能者から仕事を奪い霊障を解決していく男だった。  この出会いが、心霊業界を揺るがしていく大事件へと発展していくこととなる――

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全13963文字

    0pt

    2020.01.31公開

    2020.01.31更新

  •  日本各地に残る『冥婚』と呼ばれる風習。 未婚のまま若くして死んだ死者を弔うための儀式。 東北のある地方の家で起きた、冥婚をめぐる悲しくも怖ろしい物語。

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全3680文字

    1pt

    2020.01.16公開

    2020.01.16更新

  • いつも通りの朝。幼馴染みと登校していたオレは異世界から垂らされた聖なる釣り竿によって釣り上げられ、異世界に召喚されてしまう。そこで待っていたのは王族の少女、エイル・スカンディナヴィア。なんでもオレが召喚されたウトガルド王国は儀式によって釣り上げた異世界の相手と結婚するしきたりがあるのだとか。一見平穏に見える異世界に潜む怨嗟の意志。渦巻く陰謀。果たしてオレは元の世界に帰る方法を見つけられるのだろうか

    シリーズなし

    完結

    全46話

    全116352文字

    1pt

    2019.06.16公開

    2019.11.14更新

  • 光届かぬ深海世界アティル・ズエラ。 海獣たちの凶暴化による被害が各地で相次いだことで、四種族を束ねるガレオン海帝国は太古の魔物復活の兆しと判断し召喚の儀を行うことに決める。 扉の前で警備に当たっていたアルヴァ。無事に儀式が終わったかと思った瞬間、どこからか黒いフードの集団が現れ…… 太古の魔物の復活、異世界からやってきた女コノリ、かつて世界を救った英雄とその相棒の海龍。 運命は必ず巡る。

  •  85%くらいがノンフィクションです。  100%ノンフィクションでは無いので、私小説という扱いになるのでしょう。  数年前、私が参加した深夜に行われるあるお寺の儀式。  その集まりには、それぞれの願いを叶えようといろんな人が参加していました。  宿坊で、私と同室だった彼女との話です。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全14413文字

    2pt

    2019.05.13公開

    2019.05.13更新

  • 魔王を倒したアレン。しかし魔王の呪いにより繰り返し魔物に転生させられる。 呪いが解けた時、アレンはフランという名で、小さな村で人族として生まれ変わっていた。前世の記憶は失っていたが、スキルを授かる儀式で、授かったスキルにより徐々に記憶を取り戻す。 そしてそれは記憶だけに留まらず、魔物時代に習得していたスキルをも連鎖的に習得していくのだ。二度目の人生はスローライフで!? 

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全5143文字

    0pt

    2019.04.01公開

    2019.04.10更新

  • 一回目の転移で力を手に入れ、二回目の転移で新しい名前を貰った元人間の異世界転移物語。 凶暴な獣たちがはびこる最初の異世界では、獣と食うか食われるかの死闘の日々を繰り広げていた。そしてその地獄から救い出すように二回目の転移が訪れる。魔法や魔物が存在し、召喚士が精霊をパートナーとするファンタジーのような異世界。舞台は、少女が儀式によって主人公を召喚し、人型精霊だと勘違いしたことから動き出す。

  • 僕の生まれ育った村では春にお祭りがある。そのお祭りでは幼い少年少女が模擬的な結婚式をする。春の農作業の始まりを前にして豊穣を祝うための儀式だ。本物の結婚式じゃない。言うなればおままごとで、夫婦関係はその日のうちに解消される。でもあの頃の僕たちにとっては本物の結婚式と一緒で、僕はなんだか照れ臭くて恥ずかしかったんだ。 幼馴染カップルの青春ほっこりラブストーリー。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全4058文字

    1pt

    2019.02.24公開

    2019.02.24更新

  •  僕の住んでいる町では不思議な儀式が残されている。  古くから伝わる儀式には、いろいろな噂がある。  大人たちは、今年は何かが違ったという。あとからならいくらでも言えることだ。  今日、僕はその儀式を受ける子供の一人だ。  何のことはない。海に飛び込んで、船の下を潜ってまた船に上るだけの事だ。  本当に・・・・それだけのはずだった。

    完結

    全1話

    全8321文字

    2pt

    2019.02.23公開

    2019.02.23更新

Loading...