抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:24作品

  • カフェを経営するセルゲイはある日不思議な客を迎えた。時待たずして親友のブルガーコフが何者かに殺害され、セルゲイは不思議な客──ヴィズドムィに疑いを持つも、次々と手に掛けられる仲間たち。真実を知るため因縁の地と思しき廃村へ逃れるように向かったが、そこに待っていたのはヴィズドムィその人だった。そして彼は言った。「どちらか死ねばそれで終わる、選べ」。その言葉にセルゲイは深く頷いた。

    シリーズなし

    連載中

    全24話

    全100378文字

    4pt

    2019.02.25公開

    2019.07.22更新

  • 自分に合った仕事が見つからない私は町に置かれた共用のスマホから体験ツナギと呼ばれる生涯学習的なイベントを通して、徐々に人生の道筋を見つけていく。 東南アジアの女性や老人、シングルマザーやニートばかり雇う猫カフェ、対人恐怖症だが着ぐるみを着ると正常に接客できる女性、ゆるキャラうどぽんの作者の絵本作家と交流を深め、人生のラッキーアイテムを発見していく。

    シリーズなし

    完結

    全10話

    全16256文字

    0pt

    2019.07.08公開

    2019.07.08更新

  • 思考を捨て、漂い生きるだけの彼女に、逃げ場所を見る。幻覚の日々は多分、脳を覆って離さない。「マッド・パロディ・ワールド」以前の彼女を描く。

    連載中

    全6話

    全2018文字

    0pt

    2019.06.21公開

    2019.06.25更新

  •  同僚がフェイスブックで昔の彼女と再会し、恋も再燃したという話を聞かされた健太は、中学時代に好きだった吉井かおりのことを思い出す。ダメ元でアプローチした結果、二人は再会を果たす。そこで、二人は今でも相手のことが好きだと気づいてしまう。それが故にこそ、二人は嘘をつき合う。  健太はすべてを捨ててでも、かおりとやり直したいという衝動にかられる。京都への出張から戻ったら、そのことを伝えるつもりだったが…

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全7447文字

    0pt

    2019.06.23公開

    2019.06.23更新

  • ロマンチストな店主が経営する時計塔カフェ。 常連客の奇妙な女は店主に唱える。 「運命なんてようは思い込み、運命は作れるのよ」 人間の深層心理にアクセスする"ウンメイカー"により、運命は作れると証明するための実験が始まる。 偽物の占いに導かれ、運命の人を求めカフェにやってくる若者たち。 ――人間は占いによる思い込みからでも運命の出逢いを果たす事ができるのか? しかし実験は思わぬ方向に……!?

    シリーズなし

    連載中

    全4話

    全34350文字

    0pt

    2019.06.22公開

    2019.06.22更新

  • 高梨美裕はカフェ「シーサイド」の新しい馴染み客に好意を持つも、突然現れた乱入者に刃物を突きつけられ、彼が警視庁所属の刑事、山崎達弥と知る。12年前に誘拐されて人質となり、刑事であった父親を殺された記憶が蘇った美裕は、誤って山崎を傷つけてしまう。訪れた病室で意識のないまま抱きしめられたり、キスをしたりするうちに、どんどん山崎に惹かれていくのだが。 作中の一部に性描写あるもレーティング不要とみました。

    完結

    全47話

    全120528文字

    0pt

    2019.06.08公開

    2019.06.15更新

  • 新人とトラブルを起こし、仕事のストレスを抱えた会社員・森本が夜中に訪れたのは、狸のような優男の店員・福富が営む、不思議な日本茶カフェ「九十九ふくふく堂」。おいしいお茶とおにぎりに癒やされるが、彼はある不思議な出来事を経験することになる。 ※2019年6月16日第3回静岡文学マルシェ発行同名同人誌と同内容です ※別投稿サイトでも同内容を掲載しています

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全14147文字

    0pt

    2019.05.24公開

    2019.06.07更新

  • 「大好きな推理作家が自分の学校に来るかもしれない!」   そんな一言を皮切りに、離島のパン屋のカフェスペースで中高生とパン屋さんによる鼎談が始まる。 推理作家が一読者の学校名を日記に書いた理由を探る、日常の謎。 ※文学フリマにて頒布予定の連作短編集『冷やし熊』の第一話初稿です。サンプル代わりに公開します。

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全13897文字

    2pt

    2019.05.27公開

    2019.05.27更新

  • クィリル・ハートネットという若い女性がおりました。愛妻を失った悲しみで酒乱となった父を養うため、擦り減るほど働き詰めになった末に心を病みました。リン・メイスフィールドという青年がおりました。このうす茶色の瞳の背高な青年はクィリルの幼なじみでした。リンはなんとかクィリルを慰め元気づけたい心づもりで毎日彼女のもとへ通っていました。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全3286文字

    0pt

    2019.05.19公開

    2019.05.19更新

  • 桜も咲き始めたある日、カフェで二人の女性が話していた。彼女らの夫や恋人は、人ではないらしい。(この話はPixivにも投稿しています。)

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2668文字

    0pt

    2019.04.27公開

    2019.04.27更新

  •  とあるカフェでの日常的な一コマから、非日常へと話が展開して行く。心理ファンタジーです。

  •  新卒で採用されるも、実はブラック企業。  華麗に退職。しかし、待ち構えていたのは第二新卒採用の狭き門。挫折し、あっという間にネカフェ暮らしの底辺冒険者となる俺。  しかし、そんな俺にも転機が訪れる。  商店会の福引きで手に入れたスキル。  一見、クズスキル。よく言って、普通。  しかし実際は、バグった神スキルだったのだ。  神スキルを手にした俺は、最強冒険者へと成り上がって行く。

    シリーズなし

    連載中

    全18話

    全37254文字

    3pt

    2019.02.25公開

    2019.03.15更新

  • しんしんと舞い散る雪の中 病院の一室で遼は静かに点に召された 綾乃の悲しい口づけをプレゼントに…… ベリーズカフェ・エブリスタ等でも公開してます。

    完結

    全9話

    全38647文字

    1pt

    2018.12.29公開

    2019.03.08更新

  • 遼がこの世を去って9年、 綾乃は遼との約束通りようやくデビューにこぎつけた、 しかもそのデビューの日は、 遼が天国へと旅立った12月24日であった。 ベリーズカフェ・エブリスタ等でも公開しています。

    完結

    全1話

    全4120文字

    1pt

    2018.12.29公開

    2019.03.08更新

  • ある日離島に住む杏奈の前に、 突然スーパーアイドルの遥翔が現れた、 彼のスカウトによりモデルとして芸能界に足を踏み入れる事となった杏奈、 ところが杏奈は、先輩モデル亜梨紗の嫌がらせを受けてしまう、 その後二人の関係は更に親密になっていくが、 ある日遥翔の体に異変が起きてしまう、 最期遥翔の病が助からないと分かった時、 杏奈は驚きの決断をする! ベリーズカフェ・エブリスタ等でも公開しています。

    シリーズなし

    完結

    全19話

    全107056文字

    1pt

    2018.12.30公開

    2019.03.07更新

  • ある日突然、 別れたはずの女性が目の前に現れた。 その女性の目的とは、 そしてラストに待ち受けていた真実とは…… ベリーズカフェ・エブリスタ等でも公開しています。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全4740文字

    0pt

    2019.02.09公開

    2019.03.06更新

  • 突然事故で亡くなった連(レン) そして幼馴染の優奈(ユウナ)が葬儀から帰って来ると、 彼女の部屋にまさかの連がおばけとなって表れた! ベリーズカフェ・エブリスタ等でも公開しています!

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全12784文字

    1pt

    2019.02.13公開

    2019.03.06更新

  • 童話というより、 絵本の原作のようなものを書いてみました。 人を見た目で判断してはいけないという事を表現してみました! ベリーズカフェ等でも公開しています!

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全766文字

    0pt

    2019.02.14公開

    2019.03.06更新

  • カフェでノートを開いていた私は、ふと気づいた。 自分がその一瞬より前の記憶を何も思い出せないことを。 ノートには自分の身に起きている出来事がつづられていた。 私に残された時間は、あと二十四時間。 (全7話) ※ノートに手書き作品からの文字起こしです。 ※Google+ 手書きノート部活動ログより転載

    完結

    全8話

    全4057文字

    2pt

    2019.02.26公開

    2019.02.27更新

  • 小説投稿サイトを利用する35才の会社員、三井照雄。 いつものようにお気に入りのカフェでコーヒーを飲み、 自作の反響を気にする毎日。 鳴かず飛ばずの現状を悲観していた彼だったが、 お目当ての女性店員に声をかけられた事を切っ掛けに、 大きな転機が訪れる。 苦悩と挫折。破壊と再生。 その果てに、彼が見出した答えとは……

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全10911文字

    3pt

    2019.02.25公開

    2019.02.25更新

Loading...