抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:3106作品

  • 《「青空に似つかわしい色をした列車が、あたかも骨のない生き物のようにゆっくりとブレーキを踏みながら、汚れた空気のなかに茫然とたたずむステイションへとすべりこむ」。このテクストは、たとえばそんなふうにしてはじまる。もちろん、あくまでそれは、「たとえば」の話であって、そうであってもいいし、そうでなくても一向にわたしは構わない。》(本文より) 幻想BL長編。

    完結

    全11話

    全36556文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《頭は猿、胴は狸、尾は蛇、手足は虎、声はトラツグミ、見た目は子供、頭脳は大人の怪物が、近頃京を騒がしていると言う。》(「鵺探偵・数葉の夜叉」より) 三文以内に収まる小説を拾遺したもの。

    シリーズなし

    完結

    全4話

    全20505文字

    2pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《鹿鳴は身体の中にいくつもの汀を持つ青年であった。ほんらいならば水平線が立つべきところにあたらしい汀が出来ては重畳なり、波は何処かから不図《ふと》あらわれるばかりで、帰るべき大いなる源をついに持つことはなかった。彼の身体のなかに入って釣りをすると、浅い処をこのむ魚ばかりが魚籠の中にたまった。》(本文より)

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全19131文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《憎悪というのは何色をした感情だろう? 俺にとってそれは赤、それも、明るい赤じゃなくて、トマトジュースみたいな濃さと暗さを孕んだ赤い色だ。血管のように脈動する管をとおって全身にめぐるにもかかわらず、「血の色」という表現を採らないのは、それでは憎悪の対象に負けたような気になるからである。》(本文より)

    完結

    全2話

    全15313文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《あなたの裸の肩は、羽毛のように無味無臭のハッピー・ターン・パウダーにまみれながら、何度もなんども上へ下へと移動する。背中の上の方に生えた肩胛骨と呼ばれる骨も、肩の動きにつれ、何度もなんども上下する。けれども、肩幅、と言われるその距離が、おおきく変動することはない。》(「D/T」より) BL掌編小説集。

    完結

    全18話

    全22669文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《いまはむかし、あるところにひとりの女がいた。女はひとりの胎児と、それから、(これは女自身も知らないことであったのだが、)一面の鏡を妊娠していた。》(「欲望する鏡」より) 「今昔物語集」にタイトルと冒頭を借りた、掌編小説集。

    シリーズなし

    連載中

    全11話

    全13763文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《まばたきは まぶたたちの身体への叱責 けれども安心して 涙がそれを受忍するとは必ずしも限らない》 (「まぶたたちの叱責」より) 詩集。

    完結

    全23話

    全5451文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《「気を遣ってくれたんだね、ありがとう」  そう言って、さなたはゆきの肩をぽんとたたく。その、息で曇らしたあとに磨いた窓硝子みたいな笑顔が、こころの底からのものなのか、こころの表面にしかないものなのかの判別をつけるだけの世知は、ゆきにはまだない。》(「爪楊枝の色」より) ゲイのさなたとルームシェアをするゆきの連作掌編小説集。

    完結

    全21話

    全24434文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《トンカチで頭をたたいて忘れる。健忘作用のある薬を大量に服用して忘れる。頭をぶんぶん振って記憶を振り落として忘れる。わたしは忘れることに取りつかれている。脳味噌の断捨離運動? ちょっと違うな。苦しかったことだけではない。大切なこともみんなみんな忘れたい。》(「忘れる」より) 掌編小説集。

    シリーズなし

    完結

    全30話

    全47603文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《奇妙な火花を背理が初めて見たのは、今から五年ほど前のことだった。末期がんの祖父の病室で、と言えば、その火花がいったい「なに」を意味するものなのか、容易にご想像がつくことと思う。》(「奇妙な火花」より) 東日本大震災に材を取った小説。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全1699文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《東弘子は、谷本みずきの声敵だという。 「声敵?」  聞きなれないそのことばに、俺は目を瞬いた。谷本は自分の腕のうえに、唇をとがらせた浮かない顔を載せている。俺は借りていたノートを閉じ、谷本にサンキューと言って差し出しながら、 「恋敵じゃねえの?」》(「声敵」より) 創作男女の小説集。

    完結

    全7話

    全17599文字

    6pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《下の名前が同じやつはいない。けれども、下の下の名前なら、ぼくと同じやつがこのクラスにもいる。葛城淳平――ただし接点と呼べるほどのものはない。》(「下の下の名前」より) BL掌編小説集。

    完結

    全20話

    全30764文字

    20pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《ですが、もちろん、ひかえめに考えても、そのとき空に罪はない、と言えるでしょう。だいいち、目の前が真っ暗なときに、前より遠くすらも見ることが許されないのだとしたら、いったい視覚というものは、なんのためにあるのでしょうか。》(「失色ブルー」より) 現代を生きづらさを抱えながら生きる人々を描いた小説集。

    シリーズなし

    完結

    全10話

    全54462文字

    8pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《湯気の立つシャワーを浴びてレモン嬢の紅茶のごとき午後は流れる》 《みっちりと文字の詰まった書類ならコピー機たちにはごちそうでしょう》 《世界中の髪ゴムたちにおろそかにならない名前をつけてあげましょう》 (「レモン嬢の午後」より) 歌集。

    完結

    全7話

    全5159文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《汗ばんだサドルをかかえ円周率まん中ら辺の今を懼れる》 《いっせいに砂立ち上がり、また倒れ、雨の手前の水何ガロン》 《エネルギーばんばん使い捨てながらあげる蒸気はばら色だった》 (「五十音図」より) 歌集。

    完結

    全5話

    全5526文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《弱い眼たちのビーズの光 しずかに走る朝の糸》 《貪欲ごっこはまだまだ続く 合成獣は涙を流せない》 《あと何回の新しい傘 ちつじょちつじょと雨の降る》 (「ビーズの光、ドミノのまばたき」より) 都都逸集。

    完結

    全4話

    全2344文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《宇宙! びっくり箱の交際! 舐めかけの飴たちのダンス!》 《所記だけならば致死量 能記はむらさき薫るトリカブト》 《イスカリオテのユダの憫笑 サラミのビニールやや裂けて》 (「マヤコフ!」より) 都都逸集。

    完結

    全4話

    全2449文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 異形の神々が崇められる世界。アインは自ら望み、迷宮に住まう母神から雛神を賜わる。鋼殻の騎士は雛神の鎧にして剣。その身に宿る雛神を新たな迷宮の主の座に据えるべく、アインは試練を求め旅を続ける。雛神が己の身を裂き羽化するその日まで。

    シリーズなし

    完結

    全57話

    全154075文字

    2pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 夕刻の迫る草原の中に現れた廃墟の群れ。 そこで私が見つけたのは、一つの箱。 中に入っていたのは、百年以上前に誰かが書き遺した日記だった。 とある民族に受け継がれていた伝承の物語。 以下の個人的なまとめを基に勢いだけで書きました。 【とある異世界を中心とした個人的創作まとめ/世界樹、術と呼ばれるものの体系、文明、寒冷地の民族、歴史、文化など】 https://togetter.com/li/9

    シリーズなし

    完結

    全7話

    全16023文字

    4pt

    2018.12.25公開

    2018.12.25更新

  • 活発ながら習い事をたくさんさせられている姫歌との毎週木曜恒例足湯デーのお話。 '2018 10/13 17:53:11-'2018 10/18 03:20:45 Tuned by Tsuyama.

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全25155文字

    2pt

    2018.12.25公開

    2018.12.25更新

Loading...