抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:197作品

  • 結婚に憧れるある女性のデートでの一瞬のときめきとは?

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1300文字

    0pt

    2019.03.29公開

    2019.03.29更新

  • 仲良しなアラフィフ友人二人のちょっと笑える日常。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全1035文字

    1pt

    2019.03.28公開

    2019.03.28更新

  • 前の小説、清楚な庭の続編です。 海辺の街が舞台です。 主人公は高校生の女の子。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全1316文字

    0pt

    2019.03.28公開

    2019.03.28更新

  • 周囲を樹海と塩湖に囲まれたすり鉢状の地形と、その底にある被蝕の街。毎年春と秋に氾濫する湖水は街に流れこみ、人々は一年の半分以上にわたって高層での生活を余儀なくされる。干上がった大地を侵蝕する塩。気流の乱れに巻きこまれて降り注ぐ鳥の雨。春の氾濫に紛れて街へ雪崩れこむ大魚たち。四季折々の情景のなかで繰り広げられる、人と自然のせめぎあいを描いた短篇。

    シリーズなし

    完結

    全5話

    全13286文字

    1pt

    2019.03.27公開

    2019.03.27更新

  • 心のなかに曖昧模糊として存在し続けるイメージを何とか文章化しようと試みた短編集です。 この作品群が、誰もが心のなかに持っている空想、幻想の世界やその美しさに目を向けるきっかけになればとても嬉しく思います。 なお、タイトルは夢野久作の『ドグラ・マグラ』に登場する論文に由来しています。

    シリーズなし

    連載中

    全9話

    全18997文字

    3pt

    2019.03.16公開

    2019.03.26更新

  • 私は「萌奈ちゃん」に憧れている。 萌奈ちゃんがしていたものに似たマニキュアを付けることで、彼女に近づこうとする。 (noteにも同作掲載)

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2219文字

    0pt

    2019.03.25公開

    2019.03.25更新

  • ちょっと、連載おやすみしてます。今は、空中讃歌の方を書いています。 高校二年生の西岸洋子は、とある海が望める街に住んでいた。朝になると汽笛が聞こえる。深い音色のその汽笛が街をすっぽりと覆って離さない、そんな街に、、、。 新しい連載作品です。 舞台は海辺の街、そこに住む高校生のお話です。 1000文字単位で連載していきます。 よろしくお願いします。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全1649文字

    0pt

    2019.03.25公開

    2019.03.25更新

  • 外に出るのが苦手な女性と、その女性が愛する庭のお話です。 不定期で、1000文字単位で、連載していきたいです。 文学作品です。よろしくお願いします。

    シリーズなし

    完結

    全7話

    全12062文字

    5pt

    2019.03.20公開

    2019.03.25更新

  • 大陸から徳化*された日本は分断され、東日本は「日本自治区」となった。 日本は主権を放棄したことにより、戦争の無い無血状態でその姿を変えた。 それは、左を見る人たちが望み、長年待ち焦がれていた未来だったのだろう。 右を見た人たちには、それは地獄の敗北だったに違いない。 参考文献 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン http://www.tibethouse.jp/

    シリーズなし

    完結

    全7話

    全32998文字

    0pt

    2019.03.18公開

    2019.03.22更新

  • ノストラダムスの子どもたちの話です。横書き読み水晶じゃなく、推奨です。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全2406文字

    1pt

    2019.03.01公開

    2019.03.22更新

  • 公園で出会ったおばあちゃんは、野良猫に餌をやっていた。その野良猫が具合悪くなり、おばあちゃんは医者に診てもらうと、連れ帰った。しかし、そのおばあちゃんが救急車で運ばれ、家は取り壊されると聞いたチナツは、玄関の手押し車のなかにいる野良猫の赤ちゃんを発見した。このままでは家ごと潰されると、野良猫を家に入れてはダメと母親から言い聞かされていたにもかかわらず、連れ帰る決意をした。だが・・・

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全11575文字

    0pt

    2019.03.14公開

    2019.03.21更新

  • ミツバチ学校の生徒たちは、みんな一致団結し、黙々と蜜集めに出かける。 先生はミツバチの女王に少しでも近づくため蜜集めの生徒たちに規則正しく蜜集めをすることを押し付けようとするが、なかには不条理だと思っている生徒がいるもので、結局先生自らお手本を示そうとするが生徒が危惧していた危機に陥ってしまう。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全8632文字

    0pt

    2019.03.07公開

    2019.03.21更新

  • シリーズなし

    連載中

    全2話

    全3853文字

    0pt

    2019.03.20公開

    2019.03.20更新

  • 『一冊の本に人生を丸ごと変えてしまう力があることを、みんな理解していない。』 人生に絶望した少年は、夢の中で少女と出会う。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全5198文字

    0pt

    2019.03.19公開

    2019.03.19更新

  • 乙女は生きている。口笛を吹いて、歌を唄って、時に傷ついて、日に指を透かして。だって、気持ちが良いのだ。生きていることは、気持ちが良い。だから、歌うように話そう、話すように書こう。リアルな少女たちのショートショート。映っているのは、あなたかもしれない。

    シリーズなし

    完結

    全7話

    全14678文字

    2pt

    2019.03.02公開

    2019.03.18更新

  • 優しく繊細な彼は、踊り子の彼女を愛おしく思っていた。 まだ若い二人の間に生じた溝は、ある世情とは関係ないところに存在していた。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全6498文字

    1pt

    2019.03.17公開

    2019.03.17更新

  • 蒼鬱粉が舞い始めてから、死は身近になった。人々は粉を吸い過ぎて心を病み、自ら命を絶つのである。十六歳の誕生日を迎えたばかりのヨシノは、変人と呼ばれる青年アズマから、自分の遺骨をグルナへ届けて欲しいという遺言を授かる。蒼鬱粉、辛気楼、感情線。人の声だけがのらないラジオの電波。さびれた窮屈な街に飽き飽きし、外の世界を夢見ていたヨシノは、アズマの妹であるネイと共に幻の地グルナを目指す旅に出る……。

    シリーズなし

    連載中

    全13話

    全28570文字

    12pt

    2019.02.28公開

    2019.03.16更新

  • ただ雨の路を歩く。 それだけの話。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1134文字

    1pt

    2019.03.15公開

    2019.03.15更新

  • 「わたし」は難病のためずっと入院しているクラスメート、リカのもとに通っていた。 彼女は聡明な少女であったが、治療は難しく、日に日に衰えてゆくのだった。 あるとき、ふとしたきっかけから、わたしは彼女に好きな人がいるのではないかと感じる。 わたしの知らないその人。わたしの心には嫉妬がうまれた。 しかし、彼女の口から語られたことは、意外な、かなしい事実であった……

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全6673文字

    2pt

    2019.03.14公開

    2019.03.14更新

  • 須弥山と黄砂の話です。第1回文芸ラジオ新人賞最終候補。 全部で99章あります。99章に分けるのが面倒だったのでそのままコピペ。重かったらすみません、すみません。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全43451文字

    1pt

    2019.03.16公開

    2019.03.13更新

Loading...