抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:207作品

  • 「わたしはじょうろに似ています。」 「頭の中は常にからっぽのようで、だから、いくらだけものは入るだろうと思うのですけれど、そこは何故か、いっぱいに穴のあいた小鍋のようにすべてを逃がしてしまいます。」 ばかのひとから見える世界。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全4495文字

    0pt

    2019.07.25公開

    2019.07.25更新

  •  「アーケード商店街、両脇に隙間なく自転車が駐輪されている舗道の真ん中で、上半身は岩本力、そして下半身は佐目毛の馬の半人半馬が地面に蹲って凝縮しているところへ、腰まで伸ばしたソバージュヘアーを風に靡かせて颯爽と通りかかった私は、湖のような気持ちで半人半馬に手を差しのべた」。謎の人物「私」の珍妙な道中が始まる。

    連載中

    全5話

    全27250文字

    1pt

    2019.03.28公開

    2019.07.24更新

  • 作品派 個人的な人へ 作品についてはとやかくいわれたくない

    シリーズなし

    完結

    全45話

    全3457文字

    0pt

    2019.07.22公開

    2019.07.22更新

  • どこにもなかった風景、経験しなかった思い出のスケッチをオムニバスで書いてゆきます。 基本的に一話完結。 各話関連なし、特に意味もありません。

    シリーズなし

    連載中

    全29話

    全29298文字

    2pt

    2019.03.17公開

    2019.07.20更新

  • いい年したおじさんがザリガニ釣りという子供じみた遊びをする

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1387文字

    0pt

    2019.07.16公開

    2019.07.16更新

  • 挫折をきっかけに神経症を発症し強迫行為を続けている父と、進路の選択の時期に差し掛かった娘との心の交流を描くストーリー。

  • 報われない話。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全3874文字

    0pt

    2019.07.14公開

    2019.07.14更新

  • いつからだっただろう、私が突然倒れるようになったのは。そして、倒れている間に自分らしくない行動をとるようになったのは——。 ハルは、悩んでいた。 なんの予兆もなしに倒れてしまうこと、そして無意識のうちに自分らしくない行動を取ってしまうことを。 どうしてこのようなことになってしまったのか。 これは、一人の少女が、親友や級友の助けを借りながら、自分と向き合う物語。

    連載中

    全3話

    全2693文字

    0pt

    2019.03.02公開

    2019.07.07更新

  • うるせー!!!!俺が書きたいシチュエーションの一つや二つくらい書かせろやボケ!!!!!!

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全2431文字

    0pt

    2019.06.30公開

    2019.06.30更新

  • summertimeという曲を念頭に書きました。 かなり短い時間でさっとやってしまったので、あまり納得できる出来じゃないんですけどそれでも公開します。 あ、ちなみにsummertimeはゾンビーズのものをぜひ聞いてください。 僕が好きなカバーです。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全6112文字

    0pt

    2019.06.29公開

    2019.06.29更新

  • 似て非なるものについて考えてみました。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全1699文字

    0pt

    2019.06.27公開

    2019.06.27更新

  • 大学内の同じ演劇サークルに所属する孝介と孝一。名前が似ていることから仲良くなった二人は、それぞれ「作家」「俳優」という違う道を目指し、性格も正反対だった。 可愛がってくれていた先輩の身に起きたある事件をきっかけに、二人の日常には少しずつだが決定的な変化が起こりはじめる。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全16496文字

    0pt

    2019.06.27公開

    2019.06.27更新

  • 大学進学を機に、雪降る故郷を離れた青年は、雪の音に何を思う? ※第三回静岡文学マルシェポストカードギャザリング参加作品。

    完結

    全1話

    全376文字

    0pt

    2019.06.26公開

    2019.06.26更新

  • 思考を捨て、漂い生きるだけの彼女に、逃げ場所を見る。幻覚の日々は多分、脳を覆って離さない。「マッド・パロディ・ワールド」以前の彼女を描く。

    連載中

    全6話

    全2013文字

    0pt

    2019.06.21公開

    2019.06.25更新

  • 「それ」の話。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2277文字

    1pt

    2019.06.22公開

    2019.06.22更新

  • 友だちの様子がある日おかしくなった 何故なのだろうか

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全3371文字

    1pt

    2019.06.22公開

    2019.06.22更新

  • 大学の老教授と女子学生の不適切な関係により、老教授は大学を辞め、ますます女子学生にのめり込んでいく。しかし彼女の不慮の事故死から、老教授にある幻想が生まれるも、結実することなく現実に引き戻されるという内容の中編小説。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全18770文字

    0pt

    2019.06.18公開

    2019.06.18更新

  • ふわり、きらり。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全1286文字

    0pt

    2019.06.17公開

    2019.06.17更新

  • 今から二十年前。死にそうになっていた時の事。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全990文字

    0pt

    2019.06.17公開

    2019.06.17更新

  • アルバイトで家庭教師をしている鷹野理久と、もうすぐ中学生になる田子紫暮の最後の授業。紫暮は理久と会えるのが最後だと分かっていながらそれを受け入れることができない。 最初で最後のほんわかストーリー。 小説家になろう、pixivにて掲載済。

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全3338文字

    0pt

    2019.06.16公開

    2019.06.16更新

Loading...