抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:185作品

  • 友だちの様子がある日おかしくなった 何故なのだろうか

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全3372文字

    0pt

    2019.06.22公開

    2019.06.22更新

  • 大学の老教授と女子学生の不適切な関係により、老教授は大学を辞め、ますます女子学生にのめり込んでいく。しかし彼女の不慮の事故死から、老教授にある幻想が生まれるも、結実することなく現実に引き戻されるという内容の中編小説。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全18772文字

    0pt

    2019.06.18公開

    2019.06.18更新

  • ふわり、きらり。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1286文字

    0pt

    2019.06.17公開

    2019.06.17更新

  • 今から二十年前。死にそうになっていた時の事。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全990文字

    0pt

    2019.06.17公開

    2019.06.17更新

  • アルバイトで家庭教師をしている鷹野理久と、もうすぐ中学生になる田子紫暮の最後の授業。紫暮は理久と会えるのが最後だと分かっていながらそれを受け入れることができない。 最初で最後のほんわかストーリー。 小説家になろう、pixivにて掲載済。

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全3338文字

    0pt

    2019.06.16公開

    2019.06.16更新

  • シリーズなし

    完結

    全1話

    全9310文字

    0pt

    2019.06.16公開

    2019.06.16更新

  • 孤独を癒す為、俺はサボテンを買ってきた。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1190文字

    0pt

    2019.06.16公開

    2019.06.16更新

  • 生きることに苛立たしさを感じている「ある男」の、日常のなんでもない偶然の積み重ねが、図らずも死へと繋がってしまっていく不気味さを描いた短編小説です。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全2487文字

    0pt

    2019.06.14公開

    2019.06.14更新

  • 会社員、神崎聖也の夢の記録。ショートショート風に綴る。ポイント頂けると励みになります!

    シリーズなし

    連載中

    全3話

    全103267文字

    1pt

    2019.03.04公開

    2019.06.13更新

  • なんでもアリの短編集です。本当にちょこっとした短いものばかりですよ。

    シリーズなし

    連載中

    全2話

    全5931文字

    1pt

    2019.06.13公開

    2019.06.13更新

  • 人間の死の形態を対蹠的に描いた2編の詩。前編、あるとき火葬は言葉によって花葬となり、美しく散りゆく。後編、縊死者は、生の象徴である大地と決別し、激越な死の形態で大地を嗤う。

    シリーズなし

    連載中

    全2話

    全751文字

    0pt

    2019.06.12公開

    2019.06.13更新

  • 電車の中でたまたま出会った美しい女を愛し、誇大化する妄想から生まれた呪詛が現実の世界に割り込んで本懐を遂げてしまう怪奇短編小説です。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全2967文字

    0pt

    2019.06.12公開

    2019.06.12更新

  • 入学式の当日。桜の木には幽霊が出るという噂でもちきりのクラス。 「そんなこと、馬鹿らしい」と、一蹴した枚田和泉は、ある秘密を抱えている。 果たして桜の木には幽霊が出るのか、出ないのか。 ── 人の「思い」は落とされていく ── これはちょっと不思議を綴った、1日のできごと。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全2698文字

    0pt

    2019.06.12公開

    2019.06.12更新

  • 「猫はどこへ行ったのだろう。」 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 雰囲気小説です。なんとも言えない感じを味わっていただければ幸いです。 小説家になろう、カクヨム、星空文庫でも掲載中です。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1596文字

    1pt

    2019.06.12公開

    2019.06.12更新

  • 「あたら夜」の続編。一人のある読者の女性の独白の形式から、視点を変えて自分への殺意の恐怖が静かに語られます。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全2341文字

    0pt

    2019.06.12公開

    2019.06.12更新

  • 「あたら夜」とは「可惜夜」で、惜しむべき夜のことを言います。愛する女から手痛い仕打ちを受けた、陰鬱で醜い男の情念が、ついには通り魔となり、彼の予期せぬ官能の結末を迎えるという短編小説です。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全3834文字

    0pt

    2019.06.11公開

    2019.06.11更新

  • 古い時代の家族の思い出を描いた短編です。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1742文字

    2pt

    2019.06.10公開

    2019.06.10更新

  • シリーズなし

    完結

    全1話

    全3863文字

    0pt

    2019.06.09公開

    2019.06.09更新

  •  アーケード商店街、両脇に隙間なく自転車が駐輪されている舗道の真ん中で、上半身は岩本力、そして下半身は佐目毛の馬の半人半馬が地面に蹲って凝縮しているところへ、腰まで伸ばしたソバージュヘアーを風に靡かせて颯爽と通りかかった私は、湖のような気持ちで半人半馬に手を差しのべた。―――謎の人物「私」の珍妙な道中が始まる。

    シリーズなし

    連載中

    全4話

    全21414文字

    1pt

    2019.03.28公開

    2019.06.09更新

  • 女だけが共有している、受胎の秘密。 真夜中に響くインターフォン。 あなたならどうしますか。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全3027文字

    0pt

    2019.06.08公開

    2019.06.08更新

Loading...