抽出キーワード

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:139作品

  • 2032年、東京オリンピックも終わり、超少子高齢化に直面している日本。 景気を回復させようと日本政府は「評価経済決済法」を制定する。 この政策により、世の中は評価経済が重視されることになっていく。 反発の声も多い中、若者たちは思いのほかすんなりとその変化を受け入れていた。 尾上涼太もその一人であり、夢である独立時計技師を目指していく。 日本は少しずつ、その経済のカタチを変容させようとしていた。

    シリーズなし

    連載中

    全16話

    全30467文字

    8pt

    2019.02.23公開

    2019.05.24更新

  • 凪司工房がかつて別サイトに掲載していたものを、保管用に掘り起こして掲載しています。 誤字の修正はしていますが、ほぼ当時のままです。

    シリーズなし

    連載中

    全12話

    全12752文字

    0pt

    2019.05.18公開

    2019.05.23更新

  • 星空を仰ぐと思い出す。 けれどそこにとどまってはいられない。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2664文字

    0pt

    2019.05.22公開

    2019.05.22更新

  • 《村は燃え落ちていた。風の噂で聞いていたとは言え、子供のころよく石蹴り遊びをして遊んだ肉屋の裏路地や、貧しいなりにいい身なりのファサードを持っていた教会ですらも跡形なく焼き尽くされているのをいざ目の当たりにしたとき、レグルスは大きなショックから身を護ることはできなかった。けれどもまあ、この状態は無理もない。》(本文より) 文学×ファンタジー×BL。

    連載中

    全8話

    全10489文字

    3pt

    2019.02.25公開

    2019.05.22更新

  • 《けれども、ひとたび彼女がメイクを終え、おおきく開いた襟ぐりにドレープのたっぷりついたセルリアンブルーの衣装を身につけ、肩甲骨同士をキスさせるような挙措をとるときは、彼女は確かにまりあ・ゴールドだった。けれども、幼馴染のわたしの前ではそこまでではない。せいぜい、まりあ・シルバーと言ったところか。》(「猫灰だらけ」より) 女装青年まりあ・ゴールドと、彼女の幼馴染のじゅんの連作掌編集。

    シリーズなし

    連載中

    全12話

    全19331文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2019.05.21更新

  • 《嘉数智がおれに向かって発した第一声は、おそらく、凡例としてはなかなかに優秀で、つまりは、事情を何も知らないひとの嘉数智への興味をよく惹くだろうものだ、と言っていいだろう。  ――おれに近づくな。  すなわちこれだ。》(本文より)

    完結

    全7話

    全26586文字

    0pt

    2018.12.26公開

    2019.05.20更新

  • 以前新聞記事を読んで啓発になればと書いたものです! 特に若い女性の方、このような犯罪の被害に遭わないよう注意してください!

    シリーズなし

    完結

    全6話

    全54228文字

    0pt

    2019.03.04公開

    2019.05.20更新

  • 会社員、神崎聖也の夢の記録。ショートショート風に綴る。ポイント頂けると励みになります!

    シリーズなし

    連載中

    全8話

    全96977文字

    1pt

    2019.03.04公開

    2019.05.20更新

  • どこにもなかった風景、経験しなかった思い出のスケッチをオムニバスで書いてゆきます。 基本的に一話完結。 各話関連なし、特に意味もありません。

    シリーズなし

    連載中

    全22話

    全23540文字

    0pt

    2019.03.17公開

    2019.05.19更新

  •  不安定な僕はどうしたら良いのだろう。僕を形作るのは何だろう。誰か僕の話を聞いてくれませんか。

    シリーズなし

    連載中

    全5話

    全6308文字

    2pt

    2019.04.11公開

    2019.05.19更新

  • ヤマなし、オチなし、意味なし(?)の小説です。 不定期更新でアンチコマーシャリズムな連載です。 アンチコマーシャリズムって、どういう意味ですかね? そもそも小説って何でしょう? 昨日まで世界に無かった小説を。 王木亡一朗です。

    シリーズなし

    連載中

    全2話

    全17959文字

    0pt

    2019.05.18公開

    2019.05.18更新

  • シリーズなし

    完結

    全1話

    全3893文字

    0pt

    2019.05.18公開

    2019.05.18更新

  • シリーズなし

    完結

    全1話

    全15680文字

    2pt

    2019.05.17公開

    2019.05.17更新

  • カフェを経営するセルゲイはある日不思議な客を迎えた。時待たずして親友のブルガーコフが何者かに殺害され、セルゲイは不思議な客──ヴィズドムィに疑いを持つも、次々と手に掛けられる仲間たち。真実を知るため因縁の地と思しき廃村へ逃れるように向かったが、そこに待っていたのはヴィズドムィその人だった。そして彼は言った。「どちらか死ねばそれで終わる、選べ」。その言葉にセルゲイは深く頷いた。

    シリーズなし

    連載中

    全21話

    全87364文字

    4pt

    2019.02.25公開

    2019.05.17更新

  • 市場社会におけるゴミとは、概念上の不要物と化した商品の総体である。 労働力商品である一個人であっても、概念上のゴミとなるのは容易い。 不条理SF短編。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全7320文字

    0pt

    2019.05.15公開

    2019.05.15更新

  •  アーケード商店街、両脇に隙間なく自転車が駐輪されている舗道の真ん中で、上半身は岩本力、そして下半身は佐目毛の馬の半人半馬が地面に蹲って凝縮しているところへ、腰まで伸ばしたソバージュヘアーを風に靡かせて颯爽と通りかかった私は、湖のような気持ちで半人半馬に手を差しのべた。―――謎の人物「私」の珍妙な道中が始まる。

    シリーズなし

    連載中

    全3話

    全16259文字

    0pt

    2019.03.28公開

    2019.05.15更新

  • ショートショートをたくさん書いていきたい。 たのしんで書いていきたい。です。

    シリーズなし

    連載中

    全2話

    全3078文字

    0pt

    2019.05.12公開

    2019.05.14更新

  • ――その春、姉が死んだ。 たった一人の姉を失った弟に今なお残り続けるその面影。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2966文字

    0pt

    2019.05.12公開

    2019.05.12更新

  • 人の罪を食べて雪を降らせる亜人シラユキは、神殿に飼われ封じられるべき悪しき生き物として傷つけられながら生きていた。皇子ワカヒにより救われ、大切にされる温もりを知った彼女は、しかし豊穣をもたらす冬祭の獣としての役目にて声を失う。嘆き悲しむワカヒに対し、罪を浄化する貴い神の獣として生きることを決意した彼女は、やがて美しく成長し、そして……。

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全10810文字

    0pt

    2019.02.27公開

    2019.05.11更新

  • 「志望動機は二つあります。転職理由は前職で紙に嫌われたからです。入社後は言い訳を弾丸に詰めつつ語学の勉強をし、グローバルな人材になりたいです。ゆくゆくはマネジメント職を経て、御社の製品『弁明バレットシリーズ』の企画開発に携わっていきたいです」

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全4339文字

    0pt

    2019.05.09公開

    2019.05.09更新

Loading...