サカキミラ

0フォロワー

雑食文字書き。 こちらではファンタジーやエッセイもどきでお世話になる予定です。

フォローするフォロー解除

執筆作品

  • 魔法使いの家系に生まれた二之重言波はその進路に悩んでいた。 普通高校への進学をするか、または魔法学校への進学か。この機会を逃すと次に魔法学校へ行けるのは22歳以降になってしまう。 中学3年生になり、その選択を迫られる言波は幼馴染の風魔符鳴と杜狩麟隆、家族や先生と相談しながらその進路について考えていく。 魔法は使えない魔法使いの卵たちの「初めの1歩」になるお話。

    ファンタジー

    • 現代
    • 魔法使い
    • 青春
    • 幼馴染
    • 魔法

    連載中

    全1話

    全9850文字

    0pt

    2020.03.15公開

    2020.03.15更新

Loading...