圭沢

1フォロワー

しがないモノ書き。 小説家になろうでも作品を公開しています。

フォローするフォロー解除

執筆作品

  • その地下牢には、人知れずヴァンパイアが囚われていた。それは真祖直系の高貴な、けれど人の血は飲まぬと誓った異端のヴァンパイアだ。百余年ぶりに地上へと脱出した時、彼は知る。人間によって同族は逆に狩りつくされ、自分が最後のヴァンパイアであるということを。 世界は彼に牙を剥き、容赦なく追い立ててくる。孤立無援、心優しきヴァンパイアの生き残りを賭けた壮絶な戦いが始まった。【2019.06大幅改稿】

    ファンタジー

    • ヒロイックファンタジー
    • バトル&アクション
    • 隠れクトゥルフ
    • シリアス
    • 2019.06.21レジェンド賞に合わせ大幅改稿
    • ダンジョン
    • 主人公段階覚醒
    • ヴラヌス・サーガ vol.1

    完結

    全90話

    全625947文字

    2pt

    2019.01.01公開

    2019.06.21更新

  • 現代社会で人との繋がりを失い、力をなくしてしまった座敷わらしの女の子、ユキ。山奥の神社で寂しく眠っていた彼女は気がつくと、見知らぬ森の中、見たこともない石造りの祭壇の上で小さな白いへびになっていた。目の前には、種族【白へび】職業・【縁起モノLV.1】と書かれた不思議な半透明の板が浮かんでいて。 2016年7月~2019年4月まで小説家になろうに投稿していた「白へび物語」の改題改稿版です。

    ファンタジー

    • ほのぼの
    • 守り神
    • 異世界
    • ネクストファンタジー
    • セルバンテスオンリー

    完結

    全36話

    全153051文字

    0pt

    2019.07.16公開

    2019.07.20更新

  • 天変地異が頻繁する終末世界。 異端の力を使う者として、一人の少年傭兵が神殿に追手をかけられた。……人々は知らない。魔法や癒しの力を与えてくれる新世代の神々こそ、実はこの世界を侵略せんと企む邪な神々だということを。それらの力を借りることこそ、世界を蝕んでいるという事実を。 世界本来の神と縁を結び、”正しい”力を使えるのはその少年ただ一人。辺境の新天地に逃げおおせた<救世の使徒>の冒険が今、始まる。

    ファンタジー

    • ヴラヌス・サーガ vol.2
    • 貴種流離譚
    • 神の使徒
    • 剣と魔法
    • 隠れクトゥルフ
    • ライトファンタジー
    • お気楽主人公
    • 世界が壊れていくのは、魔法のせいかもしれない
    • 2019.06.21レジェンド賞に合わせ改稿

    連載中

    全89話

    全561567文字

    29pt

    2019.02.24公開

    2019.05.29更新

Loading...