Zooey

14フォロワー

たまに小説を書いています。

フォローするフォロー解除

評価した作品全9作

  • 書かれた文字を取り出して食べることができる少女「椎葉」と、同居人の「私」との会話集。 夏来るか来らぬかの折を舞台に、文字をめぐって言葉を交わす二人組のお話です。

    文学

    • ローファンタジー
    • 短編
    • 純文学
    • 幻想
    • 金魚
    • PU・魚

    完結

    全1話

    全2307文字

    2019.09.23公開

    2019.09.23更新

  • 川で魚と戯れる

    烏川 ハル

    2pt

    「生まれ変わっても釣りがしたい」そう願いつつ、早逝した少年……。  僕は釣りが好きだった。でも子供だったから、行動に制限があった。一番釣れる時間帯に釣り場へ行けなかったり、一番釣れる道具を使えなかったり。  そして生まれ変わった今、どうなったかというと……。 (「カクヨム」「小説家になろう」でも掲載しています)

    ファンタジー

    • 現代ファンタジー
    • 転生
    • 釣り
    • ルアー
    • ブラックバス
    • 短編
    • PU・魚

    完結

    全1話

    全3949文字

    2019.09.25公開

    2019.09.25更新

  • 先の少子高齢化時代にとられた政策の反動で、いまや国は養いきれる以上の人口を抱えていた。 そこで国は思いつく。いたってシンプルな発想を。 『増えたならば、より優秀なモノを残して間引けばいい』と。 『掃除人』が存在するとある国に生きる彼らの、日常風景と生と死と、大切な存在(ヒト)を想う気持ちと、やるせなさと悲しさと、ほんの少しの陽だまりの温もりをつづった連作短編集。

    現代ドラマ

    • 短編小説

    完結

    全33話

    全130477文字

    2019.04.12公開

    2019.07.18更新

  • 私の声が届くひと

    古池ねじ

    1pt

    ホラー

    完結

    全2話

    全115399文字

    2019.02.25公開

    2019.02.25更新

  • ひとりぼっちで取り残された不死の姫:レヴは、自分が誰だったのか呪いのせいで忘れてしまった人間の騎士:ゼノとふたりで旅をする。戦争のやり過ぎで衰退した人類と魔族たち。静かに滅び行く、それでも美しい世界のなかを姫と騎士とが馬にまたがり、ゆっくり巡る。 呪われた生をキレイに終わらせてくれる聖剣を求めて旅するふたりの奇妙な出会いの物語。 三章仕立て、文庫本一冊分くらいのストーリーです。

    ファンタジー

    • 王道
    • 剣と魔法
    • 変身
    • ネクストファンタジー
    • 人類は衰退しました
    • ゆっくり旅
    • ごはんがおいしい
    • すこし切ない
    • 聖剣を探して
    • 終わらないのがハッピーエンド
    • ホワイトデーに完結しました
    • ポスアカ
    • 騎士と姫
    • ロードムービー

    完結

    全38話

    全111370文字

    2019.01.31公開

    2019.04.07更新

  • 邂逅

    昼野陽平

    2pt

    文学

    R18

    暴力・残酷描写

    • 恋愛
    • 猟奇
    • エログロ

    完結

    全1話

    全3089文字

    2019.03.16公開

    2019.03.16更新

  • 猫の王様の話

    朝陽 遥

    13pt

    猫の王様は働かない。なぜというなら王様だからだし、猫だからだ。ときは未来、人々が探査船に乗り組んで広い外宇宙を行き来する科学の時代にあって、忘れられた魔法の逆襲が始まった。厳重なセキュリティをすり抜けて航行中の宇宙船に忽然と姿をあらわし、乗組員を全滅にいたらしめることさえある魔法のねずみ。かれらに対抗するため、宇宙船には猫をのせることが定法となった。/他サイト等にも転載しています。

    SF

    • 宇宙
    • SF
    • 未来

    完結

    全2話

    全10420文字

    2019.03.09公開

    2019.03.09更新

  • 赤ちゃんを産む魚

    外宮あくと

    3pt

    グッピーは、卵をお腹の中で孵して稚魚を産む。 赤ちゃんを産むなんて、まるで人間みたいだと私は思った。 その産仔の様子をじっと見つめていた。次々と生まれてくる小さな稚魚たちに、愛おしさと寂しさを感じながら。 と、母魚はくるりと稚魚に振り向き、稚魚をパクリ…… 涙と共に叫びがとまらなくなった。 これは、母親になれなかった母親の叫び。 ※「小説家になろう」「カクヨム」にも掲載中

    現代ドラマ

    • シリアス
    • 短編
    • 家族
    • 夫婦
    • 切ない
    • 泣ける
    • 赤ちゃん
    • 大人
    • グッピー

    完結

    全1話

    全8212文字

    2019.01.20公開

    2019.01.20更新

  • 文学

    • 狂気

    完結

    全1話

    全3449文字

    2019.02.26公開

    2019.02.26更新

Loading...