鷹岩良帝

1フォロワー

大手レコード会社の作詞コンペで、二度ほど最終選考に残った経験があります。 読むときは縦組み推奨です。 そして、定期的に読み返して修正を繰り返します。なので修正による更新が多いです。

フォローする

執筆作品

  • 「振り返るどの瞬間も、僕の心には君しかいなかったから」 小学生のとき、転校してきた少女に一目ぼれをした少年。 無事に高校まで同じ学校には行けたものの、それから先の二人の歩く道は別れてしまう。 中学時代に一度は振られるも、それでも少年はあきらめずに彼女を追いかけた。 ※久しぶりに作詞をしまして、それをベースにして恋愛ストーリーの練習として書きました。

    恋愛

    • 日常
    • 縦組み推奨
    • 現代恋愛
    • 男の片想い
    • 青春恋愛
    • 短編

    完結

    全4話

    全5355文字

    0pt

    2019.02.20公開

    2019.03.05更新

  • 最初の英雄によって絶望の魂が封印されてから千年後、その封印が弱まり一部の魂が解放されてしまった。絶望は一人の少年を乗っ取ると、己の野望を果たすため動き始める。 月の女神もその事に気づき、五人の少年少女に特別な力を与えた。その一人、絶望を唯一倒すことができる力を与えられる少年は、道場で父親と対峙していた。「死ぬことで生きる道も見つかる」と難題を与えられ、最後の英雄の一人として苦難な道を歩み始めた。

    ファンタジー

    • 冒険
    • 魔法
    • 戦記
    • アクション
    • 兵法
    • 縦組み推奨
    • ネクストファンタジー
    • 剣術
    • 訓練学校
    • 八陣法
    • 合戦・戦争
    • 守護者
    • 行動科学も微妙に使用

    連載中

    全57話

    全260674文字

    3pt

    2019.02.18公開

    2019.05.25更新

Loading...